意外と知られていない唇のシミと対策

読了時間: 約125
シミができるのは顔だけではありません。

唇は肌よりも皮膚がうすく、紫外線が当たりやすいところなため刺激を受けやすいのです。

■何故、唇にシミができやすいのか
唇は角質層が薄いため保湿力がたの部位の比べると強くありません。また皮脂腺がすくないため皮脂の分泌もすくないです。皮脂は外部からの刺激から守るバリヤーの役割をしますが、唇を覆う皮脂が少ないために唇は刺激に対する抵抗力が低いのです。

唇に塗る口紅もシミの原因になる可能性があります。口紅には石油を原料とするタール色素が使われているものがあります。タール色素が怖いのは、石油を原材料にするタール色素は、唇の主成分となるたんぱく質を破壊して紫外線によってできるメラニン色素を沈着してシミとんります。

刺激に弱い唇は、洗顔時に使うクレンジングも刺激が強いもののあり、刺激から守るためにメラニン色素が作られ、色素沈着する原因となります。

■唇のシミを予防するには
唇をシミから守るには、①UVカット機能入りの口紅を普段から使うようにする。②ビタミンC入りのリップや口紅にする。③口紅に含まれるタール色素やその他の化学成分から保護するために口紅を塗る前にリップクリームを塗る。④唇を乾燥から守る唇専用の美容液を使うのもいいでしょう。

■唇の保湿だけでなく魅力的な唇にしてくれる唇専用美容液
貴女の唇を乾燥から守ってくれる大豆油、保護力となるマロニエエキスで乾燥対策ができるだけでなく、より一層魅力的な唇にするためにしっとり感を与えるローヤルゼリー、ぷっくらとした印象を与えてくれるマキシリップ、そしてツヤツヤな唇にしてくれるウミクロウメモドキ種油が配合された唇専用の美容液です。

じつはこの美容液、男性がキスしたくなるような唇を作り出すために開発されたものなので、男性が嫌うギタギタ、ベトベトな感じにはなりません。

3分に1本売れている、キス専用美容液『ヌレヌレ』! シリーズ累計158万本の『ヌレヌレ』は、ひと塗りでぷるツヤ唇にすることができます。



コメントは受け付けていません。