読了時間: 約1025

秋冬の食中毒

食中毒は夏に頻繁に起きるイメージが強いと思いますが、秋冬はどうでしょうか。
食中毒は免疫力が低い方がかかると命を脅かす危険性があります。
食中毒の知識を深めて、衛生面を徹底しましょう。

★秋冬はノロウイルスに注意

食中毒の原因は、様々ですが秋冬に引き起こされる食中毒は、ウイルス性であることが多いです。
よく夏に聞く細菌性の食中毒は、高温多湿を好み繁殖する傾向がありますが、秋冬は空気も乾燥して気候も涼しいためウイルス性の食中毒が増加する傾向があります。
ウイルス性の中でも、もっとも多く発症するのがノロウイルスです。このウイルスは感染力が強く、感染規模が拡大することも多いです。

★秋冬の食中毒を予防する方法

食中毒の原因菌となるウイルスは、基本的に加熱処理をすることで死滅させ、食中毒の被害を食い止めることができます。
そのため、調理する際はしっかり火が通ったものを選んで食べることが大切になります。
特に、これからの季節はには長期休暇を取る方も多いため、生活習慣が崩れたり、免疫力が低下する傾向にあります。
手洗いを徹底して行い、調理する際は食材に菌をつけないように注意しましょう。

★ノロウイルスの原因となる食べ物

ノロウイルスの原因となる食べ物は、主に二枚貝です。牡蠣をはじめ、あさりやシジミ、ハマグリ、赤貝などには注意する必要があります。
特に、牡蠣が原因でノロウイルスにかかる人が多いです。それは、牡蠣を生で内臓ごと食べることが多いからです。
内臓にノロウイルスを保有しているケースが多いため、生で食べる際はノロウイルスになるリスクがあるということを念頭に置いておきましょう。
そして、大事な予定がある場合は、しっかりと加熱したものだけを食べるようにしましょう。

★ノロウイルスにはアルコール消毒は効果ない

手を綺麗にする際に、アルコール消毒を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
しかし、ノロウイルスには、アルコール消毒は効果がありません。
効果的なウイルスの落とし方は、石けんを使用して念入りに手洗いを行うことです。

★効果的な手洗い方法

手を洗う前に洗い残しがないようにブレスレットや時計、指輪などの装飾品を外しましょう。水で手を濡らした後、石けんを手の平と手の甲につけて手首までしっかりと擦りましょう。
指と指の間もしっかりと洗いましょう。ブラシを使用して指と爪の間を洗うようにしましょう。
しっかりと洗えたら、十分に水で流して清潔なタオルやペーパーで水滴を残さないように拭き取りましょう。
少しでも水気が残っていると、そこから菌が繁殖してしまうので気をつけましょう。
1日に同じタオルを使うのは不衛生です。こまめに使用するタオルを変えることが清潔を維持することに繋がります。

★家族がノロウイルスにかかったら

使用するタオルは、別々にしましょう。また、患者の便や吐物で感染してしまうため、しっかりと拭き取るようにしましょう。
処理する際は使い捨ての手袋やマスク、エプロンを付けて行いましょう。
次亜塩素酸や酸性アルコール消毒剤を使用することをおすすめします。ノロウイルスは非常に感染力が強いウイルスです。
他の健康な家族への二次感染を防ぐことが大切です。

あなたの肝臓は大丈夫!?

食欲の秋でおいしいお酒とおいしい食べ物を食べる機会も増えることでしょうか。
秋にBBQをしたり予定盛りだくさんの方も多いのではないでしょうか。
そんな中、倦怠感や疲労、眠気に悩まさせていないですか。実は肝臓が悲鳴を上げているかもしれません。
今回は、肝臓の健康維持方法についてご紹介いたします。

★季節の変わり目だからと体調不良を見て見ぬふり

季節の変わり目だからと体調不良を見て見ぬふりをしていませんか。
朝起きるのが辛く気もちが悪いや倦怠感が強い方、なかなか眠りにつけず寝不足気味、食欲はあるけど胸焼けがするといった体調不良は心当たりないでしょうか。
このような方は、肝臓が疲れている可能性があります。
また複数あてはまる方は、なんらかの病気が潜んでいる場合があります。
その場合は、少しでも早めに医療機関へ相談するようにしてください。

★肝臓を疲れさせてしまう原因は

肝臓が疲れてしまう原因は、アルコールを大量に摂取したり暴飲暴食だと思われがちです。
確かに、アルコールを大量に摂取したり暴飲暴食を擦れば肝臓だけでなく胃や腸といった様々な臓器に負担をかけます。
実は、肝臓が疲れてしまう原因は他にもあるのです。
日々の生活習慣や疲労、過労、運動不足、ストレスなども大きな要因となります。
疲労物質が体内から排出されれば肝臓疲労へと繋がったり、運動不足であれば上手くカロリーを消費することができず、体内に脂肪を溜めこんだ場合
余分な脂肪を排出使用と肝臓が働き疲労してしまいます。
また、過度なストレスを感じて自律神経が乱れると、肝臓の働きも鈍くなります。
その他にも過度なストレスは、筋肉に緊張を与えて血管を圧迫することがあります。
そして、血行不良を引き起こしてしまいます。血行不良は、体内に必要な栄養分や酸素が十分に臓器に運ぶことができなくなるため肝機能はますます衰えてしまいます。
そして、過度なストレスは睡眠を阻害するケースもあります。睡眠は、健康な内臓を維持するのに必要不可欠と言っても過言でないほど重要なのです。
十分な睡眠がとれずに肝臓に疲労が残ったままにしておくと肝臓の機能も低下してしまいます。

★健康な肝臓を維持させるには

アルコールの量を適量にし、栄養バランスの良い食生活に切り替えましょう。
また、適度に運動して、脂肪を蓄積さ瀬ない生活習慣が重要になってきます。健康的な生活が、健康な肝臓を維持します。
そして、日ごろの疲れや倦怠感、睡眠不足、ストレスなどが軽減され快適な日々を送ることができます。健康な肝臓作りを意識すれば嗜好品であるお酒を控えるきっかけとなりそうですね。

秋の心の健康の保ち方

秋になるとどことなくイライラしやすくなる方、むしゃくしゃするから食で解決しようと思い暴飲暴食する方は、太るだけでなく肌荒れや体の健康状態も乱れてしまいます。
今回は、秋独特のイライラ解消法についてご紹介致します。

★なぜ秋になると心の健康状が乱れるの?

秋は夏と比較して気温がぐっと低くなります。
寒暖の差が激しくなると体がなかなか付いていけなくなり自立神経の調整が難しくなります。
自律神経が乱れると体調に様々な変化が現れます。症状には個人差があり食欲が安定しなかったり、疲労が蓄積したり、だるさが長引いたりという症状が現れます。
また、日常的にストレスを感じやすい方は、寒暖の差が激しくなると余計に心身共にダメージを受けやすいです。これらの症状は、自律神経失調症と言われます。

★秋のイライラと体調不良を吹き飛ばそう

自分が好きなことでストレスを発散したり、睡眠時間を十分に確保したり、栄養バランスの取れた食事を心がけてみたり、適度な運動をして自分がリフレッシュできることを見つけてみましょう。

・ストレスを発散

ストレスを発散させるには、旅行に行って普段味わうことができない体験をする、おいしものを食べる、温泉で疲れを取ってみる、カラオケで大声で歌ってみる、テーマパークへ行って非日常的な空間を楽しんでみたりする方法があります。
友達や家族、大切な人と出かけるのも良し、たまには一人でゆっくりと羽を伸ばすのもオススメです。

・睡眠時間を十分に確保

仕事をして飲み会に参加すれば、寝る時間も日付けをまたぐこともあるでしょう。たまには、お付き合いを断って自分の心と体を休める時間を作ってみましょう。
眠りにつきやすいようにホットアイマスクをしてみたり、寝る前に入浴して体を温めてみたり、お気に入りのアロマを炊いてみるなど工夫して就寝しやすい環境を作るのもオススメです。

・栄養バランスの取れた食事を心がける

普段は、忙しさやお付き合いから外食やスーパーで出来合いのものを買って簡単に食事を済ませてしまう方も多いかもしれません。
心身共に休めることを考えたら、自炊が一番効果的です。一人暮らしの方は、一人分を作るなんてめんどくさいと思うかもしれませんが、一気にまとめて料理して作り置きすれば忙しいときも健康的な食事ができます。
おすすめなのは、緑黄色野菜を中心とした料理です。また、秋にはたくさんおいし旬の食材があります。ぜひ、心と体の健康を考えて自炊する習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。

・適度な運動

普段運動する習慣がない方は、急に運動すると筋肉痛になったり怪我をしたりリフレッシュどころか、逆にストレスとなってしまうことがあります。まずは、軽めの運動から始めてみてはいかがでしょうか。
プールへ行って水中ウォーキングをすれば、足腰に負担をかけることなく効率良くエネルギーを消費してくれます。
また、水中でなくても近所を散歩する程度にウォーキングするだけでもリフレッシュに繋がります。
是非、ご自身に合った心身共にリフレッシュできる方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

秋の早めの喉の乾燥対策

歌手や声優だけでなく、コールセンターや営業、接客等お仕事で声を使用する方は、喉の調子が悪くなると辛いですよね。
のどの乾燥対策は冬に気を付けることと思われがちですが、秋のうちから気をつけて喉を潤しておくことをオススメします。
今回は、秋の早めの喉の乾燥対策についてご紹介致します。

★喉が乾燥する原因

・口呼吸

日常生活で気が付いたら口が開いていることがある方は口呼吸をしてしまっている可能性があります。
自分では口呼吸してないと思っている方でも、口呼吸になっている可能性があります。
朝起きると喉が乾燥しているなんてことはありませんか。もしかしたら、寝ている間にいびきをかいていたり無呼吸症候群になっている可能性があります。
喉へダメージを与えるだけでなく、体への悪影響は大きいです。心当たりがある方は、早めに医療機関へ行って治療することをオススメします。

・アルコール

普段何気なく飲むお酒に含まれているアルコールは、喉を乾燥させる原因となります。
アルコールを飲みすぎて喉が枯れてしまうというのは、アルコールが体内の水分を奪っている証拠です。
飲みに行った夜は、マスクをして寝る等いつも以上に喉のケアに気を付ける必要があります。

・エアコン

最近では、1年十エアコンがかかるビルやお店がほとんどです。気が付かないうちに喉は乾燥してしまっています。そのため、喉のケアはしっかり行う必要があります。

★喉に潤いを与えよう

普段声を良く使う仕事をしていなくても喉は乾燥しがちになっている可能性があります。
ご自身の生活を見直してみましょう。

・マスク

日常的にマスクする習慣を付ければ、喉だけでなく肌へも潤いを与えることができます。
最近では、女性に嬉しい小顔に見えるマスクや化粧崩れしにくいマスクなどが販売されているので、使い心地の良いマスクを探してみてはいかがでしょうか。

・部屋を加湿する

加湿器があれば、頻繁に加湿することをオススメします。加湿器が無い場合には何かしら室内干しにして、湿度が少しでも高くなるようにしましょう。
例えば、晴れている日でも濡れたバスタオルを部屋に干しておくだけで加湿できます。

・積極的に水分を摂取する

夏は暑いので頻繁に飲み物を摂取する方は多いですが、秋となると途端に水分補給量が減少する傾向にある方は多くいらっしゃいます。
喉が乾燥してしまっていると風邪などのウイルス感染率が高まります。
そして体調を崩してしまうこもあるため、夏と同様に小まめに水分補給をする習慣を身に付けましょう。

・飴をなめる習慣を付ける

飴をなめて喉に潤いを与えましょう。オススメの飴は、はちみつや金柑、生姜など喉に良い成分を含んだ飴をなめるようにしましょう。

10.秋バテ対策方法

暑い夏が過ぎ去り、やっと夏バテとおさらばできると思ったけれどどことなくだるさや食欲不振、疲労感が続いているという方は多いのではないでしょうか。
それは、実は秋バテかもしれません。秋バテという言葉を聞いたことない方がほとんどだと思います。
今回は、秋バテについての知識を深めて快適に生活できるよう改善策を取りましょう。

★秋バテの特徴

秋バテの特徴は暑さから体調が崩れる夏バテとは違い、急激に気温が冷え込みどっとと疲れが出て、疲労感や倦怠感、体の様々な不調が出てくるのが秋バテです。

★こんな症状秋バテかな?

めまいや立ちくらみがする、頭がボーっとしてしまい集中力にかける、寝不足が続き朝の目覚めが悪い、食欲不振が続くという症状でお悩みの方は秋バテかもしれません。

★秋バテの原因

クーラーや暖房、激しい寒暖からくる自立神経の乱れや、過労やストレス、疲れ、冷房による体の冷えなどが原因と考えられます。
クーラーや暖房、激しい寒暖からくる自立神経の乱れやから血行不良を引き起こします。
そして血液の循環が悪くなれば、疲労物質や老廃物など体に不要な物質をうまく排出することができません。
秋バテかもと少しでも思う方は、血行促進を意識したケアが必要になってきます。

★秋バテ対策

今回は秋バテ対策を4つご紹介いたします。

外出するとき厚めの生地の上着が必須

秋になると昼間外出するときは温かかったが、夜になったら冬のように冷え込むなんてことが多々あります。
ここで我慢すると、秋バテを引き起こしかねません。
秋バテにならないように外出するときは、厚めの生地の上着が必須です。
早めに冬のコートを持ち歩いて体温調節しても大丈夫です。体は、絶対に冷やさないようにしましょう。

湯船につかる

お風呂を沸かすことが面倒でついついシャワーだけで済ませてしまう方が多いと思います。
ですがその行動は、秋バテを悪化させてしまいます。
シャワーで済ませたときと湯船にしっかり使った時とを比較すると、疲れの取れ具合が違います。
しっかり湯船につかることで体の芯から温まることができます。
そして血行も促進されて、疲労物質や老廃物といった体に不要な物質を体外へ排出してくれるのです。
湯船にお気に入りの入浴剤を入れれば、香りで癒されること間違いありません。しっかり湯船につかる習慣をつけましょう。

リラクゼーションを活用

毎日利用することは難しいかもしれませんが、たまに自分へのご褒美でエステやマッサージ、スパへ行くことをオススメします。
自分では届かない背中をはじめ、全身もみほぐしってもらうことで、日々蓄積していた疲労が取れます。
また、血行も促進して疲労物質や老廃物が一気に流れ出ます。

旬の食材を食べる

旬の食材には、免疫力を高める効果や体の乾燥を防ぐ働きがあります。
栗やサツマイモ、カボチャ、さんま、鮭、マツタケなどを積極的に摂取して体の内側から健康維持に努めましょう。