ホットヨガの健康効果と常温ヨガとの違いとは?

読了時間: 約213

ホットヨガや常温ヨガを健康のために続けている女性が多いです。

ヨガを続けることによって、 体が柔軟になり、 筋肉も程よく鍛えられるため、 血流促進で冷え性の改善にもつながります。

冷え性に悩まされることが多い女性だからこそ、ホットヨガや常温ヨガで健康対策をするのではないでしょうか?

今回は、ホットヨガと常温ヨガの違いについてお話しします。

★ホットヨガと常温ヨガの違い

ホットヨガと常温ヨガの決定的な違いは、ヨガを行うときの室内温度と湿度です。

ホットヨガは、インドで生まれたビクラムヨガをベースにしたヨガです。

そのため、インドの気候に近い温度と湿度の中で行われます。  

ホットヨガと常温ヨガで行われるポーズは、ほぼ同じですが、室内の温度と湿度が違うことで得られる効果が違います。

★ホットヨガのメリット

ホットヨガのメリットは、温度が35度〜36度程度、湿度が60度前後の空間で行われるため、筋肉が伸びやすく、発汗作用も高いことで、よりポーズの効果が得られることです。

体が硬い人でも柔軟にしやすく、健康な体質へと変えていきやすいです。

常温ヨガの効果に加えて、代謝や発汗作用の向上、さらなる血流促進効果が期待できます。

また、リフレッシュ効果も高いので、ストレス解消にも最適です。

筋肉を柔軟に流せる温度や湿度の設定の中で行われるヨガなので、ストレッチ効果が一番高いです。

★ホットヨガのデメリット

ホットヨガには、デメリットもあります。
常温ヨガよりは、健康効果が高いかもしれませんが、デメリットを知ってからのチャレンジをおすすめします。

ホットヨガのデメリットは、下記の通りです。

・ホットヨガスタジオに行かなければ実践できない
・慣れない温度の変化で自律神経が乱れることがある
・水分補給をしていても脱水症状が起こることがある
・熱い空気を吸い込むのに慣れていないと深い呼吸ができない
・必ずシャワーを浴びなければいけない

このようにホットヨガは場所を選ばなければいけないことと体力と相談しなければいけないというデメリットがあります。

しかし、その点だけクリアすれば、常温ヨガよりも高い効果が得られるヨガなので、健康のためにヨガを始めたい人におすすめです。

★目的と体調に合わせたヨガを

まず、ヨガを始める目的を明確にすることで、ホットヨガがいいのか?常温ヨガがいいのか?がわかりやすくなってきます。

目的が単純に健康維持のためだけなら、常温ヨガで十分です。

しかし、冷え性を改善したい、できるだけ早く体質を改善したい、ダイエットしたいという目的があるのならホットヨガの方がおすすめです。

ただし、ホットヨガが良いと思っても、実際にやってみなければ体力的な問題で続けられるからわかりません。

数多くあるホットヨガスタジオでは、無料体験レッスンを受け付けているので、興味がある人は一度お試し的にレッスンを受けてみると良いでしょう。 

特に、サウナが苦手だという人は、ホットヨガスタジオの温度と湿度の設定が体力的にきついかもしれません。

室温と湿度の設定は、ホットヨガスタジオによって少し違うので、確かめる意味でも無料体験レッスンをおすすめします。

コメントは受け付けていません。