読了時間: 約216

光老化ってことば聞いたことありますか?

光老化は紫外線によって皮膚が老化することで、普通の老化よりも進度が早いのが特徴です。

紫外線の怖いのは、肌の奥にまで入り込むと、コラーゲンやエラスチンなどの美肌成分を破壊してしまい、シワ、たるみの原因になる点です。
光老化を起こさないようにするためには、ベースメイクが非常に重要になります。

ではどんなベースメイクが良いのでしょうか?

★光老化と老化の違い

光老化と通常の老化はことなります、光老化は先にお伝えしたように紫外線によって皮膚の機能が低下して老化が加速します。

顔にハリと潤いを与えるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを紫外線は破壊してしまうため、通常の老化よりも速度が速くなるのです。これらの美容成分は、加齢とともに減少していきますが、紫外線によって加速的に減少してしまうのです。

つまり単なる加齢による現象であれば、速度はゆるかに進みますが、光老化の場合は減少速度が加速されるため、後付けのスキンケアでは間に合わないこともあります。

また紫外線はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を破壊するだけでなく、角質層をを乾燥させるために、肌の新陳代謝サイクル(ターンオーバーサイクル)を乱し、シミやくすみの原因ともなります。

日頃のベースメイクで、できるだけ紫外線を防いで、光老化から肌を保護するようにしましょう。

★光老化対策のベースメイク

紫外線対策というと日焼け止めクリーム、UVカット成分が配合された化粧品、下地、ファンデーションなど全てが必要と言うわけではありません。
メイクの下地やファンデーションにUV対策ができる機能が含まれていれば、普段の紫外線対策には問題はないので日焼け止めクリームは不要です。

日焼け止めクリーム、UVカット機能は入ったコスメにはSPF,PAといった紫外線対策のレベル表示があります。

こういったコスメアイテムを全て使えばSPA、PAが強化されるわけでなく、使ったコスメのなかで保護力が一番強い数値が表示されています。

つまりSPF,PAの数値が足し算的に強化されるわけではないので、肌への負担軽減のために、通常はUVカット機能が付いたメイク下地をファンデショーンで行えば十分です。

★紫外線対策のためのベースメイク方法

日焼け止めクリームとメイク下地、ファンデーションの3アイテムを使ってベースメイクをするには、

メイク下地>日焼け止めクリーム>ファンデーション

の順でベースメイクを作ります。

ですが、メイク下地と日焼け止めクリームを重ねて塗るとUVカット機能のために肌に刺激を与えることになり、あまり得策ではありません。
メイク下地とファンデーションの2つのコスメを使ってベースメイクする時には、いつもメイク下地を施してからファンデーションを塗るようにすると良いですよ。

「Suhadabi【銀座ステファニー化粧品】」はUVカット機能付きで化粧崩れしにくい

Suhadabiの特徴
1.高密着パウダーでメイク崩れやヨレを防止
2.ジェルパウダーで皮脂を吸収
3.ブライトアップオイルで持続する透明感

カラーバリエーションは大人の女性に人気のあるナチュラルベージュとナチュラルオークル

実際に使った効果を見てみる⇒公式サイト