シュクルンヘアーストレートはうねったくせ毛をキレイにまとめてくれる。

読了時間: 約229
乾燥する時期はパサパサに髪が乾いて静電気がおこるほどになりませんか?
パサパサの髪の毛は表面のキューティクルが痛んでいるのでくせ毛の人などは特にヘアセットで苦労されているかと思います。

髪の毛を傷めてしまう乾燥によるうねりにはお肌と同様に乾燥対策が必要です。

■髪の毛が乾燥しやすいのはなぜ?

冬などに髪が乾燥しやすい理由は、乾燥した外気と室内のエアコンのためです。特にエアコンなどの暖房器具は部屋の空気中の蒸気を蒸発させてしまうので、髪の毛の水分もどんどんと蒸発してしまうのです。

また外気と室内の温度差が大きいと髪の毛のキューティクルが傷つき、乱れたキューティクルから水分が逃げて行ってしまいます。

キューティクルはうろこ状に髪の毛を覆っていて、きれいに並んでいるいれば水分を逃さないのですが、剥がれたり乱れていると水分をうまく取り込めないだけでなく逃してしまいます。

■髪のうねりとキューティクル
キューティクルが乱れている場所は乾燥してため、髪の毛内部の水分が均一でなくなるため、湿気が多い日等は空気中の水分の吸収が均一でなくなり、髪の毛がうねることになります。

またキューティクルが部分部分で剥がれていたりすると、水分を吸収できる場所とそうでない場所とに分かれるため髪の毛がくねってくせ毛になるのです。

残念なことに髪の毛のキューティクルは一度剥がれ落ちてしまうと再生されないため、乾燥や痛みから髪の毛を保護する必要があります。

■乾燥から髪の毛を守る方法

1)熱いお湯で洗髪しない
熱いお湯は髪の毛のキューティクルを傷めます。38℃から41℃位のぬるま湯で洗髪するようにしましょう。

2)濡れた髪の毛をブラッシングしない
髪の毛を洗っている最中やタオルで水分をふき取った後にすぐブラッシングするとキューティクルが剥がれ落ちてしまうので、髪の毛にブラシをかけるときは洗髪前はドライヤーで乾かしてからにしましょう。

3)タオルドライの後に洗い流さないとリーメントを使う
洗髪した後にタオルで水分をふき取ったら洗い流さないタイプのトリートメント塗りましょう。そのあとで髪の毛を乾かすとドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれます。
また洗い流さないタイプのトリートメントは、髪の毛の表面を保護してくれるのでくせ毛や髪の毛がうねりやすい方は必ずタオルドライ後に使うようにしましょう

シュクルンヘアーストレートというコスメは乾燥でうねってしまう髪の毛、パサついた髪の毛を落ち着かせてくれるとネットで人気になっています。

シュクルンの遣い方は簡単で濡れた生乾きの髪の毛になじませてストレートになるよにドライヤーでブローするだけです。

シュクルンには、髪の毛の内部から潤いを与えるヒアロベール、アボカド油、しあ脂、ツバキ種子油、加水分解シルク、加水分解ケラチンなどトリートメント効果が高い成分がふんだんに配合されています。

また髪の毛を熱から守るための成分も含まれているので、しっかりとあなたの髪の毛を健康な状態に保ってくれます。

またちじれた髪の毛を治すトリートメント剤でする薬剤のような香りではなく、微香なのであなたの気に入ったシャンプーやリンスの香りの邪魔をすることがありません。

でも貴女の髪の毛に合うかどうか分かりませんよね。そこでシュクルンには30日間返金保証がついているので、じっくり試すことができます。

しかも今なら定期購入すれば送料無料で50%オフ!

髪の毛がボワボワ、パサパサになっている方は一度試して見てはいかがでしょうか?

シュクルンの公式サイトはこちら

コメントは受け付けていません。