肩こりにならない正しい座りと首専用マッサージ機【soft stone neck】

読了時間: 約143

長時間デスクワークしていると肩こりと腰痛に悩まされますよね。肩こり、腰痛になりやすい方は座り方を見直してみると改善されるかもしれませんよ。

 

真っすぐ前を見て作業できる環境を

デスクワークの時は目線はまっすぐ前に向けるようにしましょう。前掲しないように自然な形で目線をまっすぐ前に向けた時にパソコンのスクリーンは適切な高さにあるか確認してください。

頭が前に倒れた状態では首に負担がかかるため肩や背中に疲労が溜まります。顎が突き出たようなになっていると首の前に負担がかかり、鎖骨にかけて疲労が溜まります。

壁にもたれてまっすぐ前に向いているような姿勢に近い状態で座っているかを確認してみてください。自然にまっすぐ前を見た時にパソコンのスクリーンが適切な高さにない場合は、机と椅子の高さを調整するようにしください。

最近ではスペースの関係でノートパソコンで仕事をする方が増えてきていますが、このような場合はノートパソコンの下に厚手の雑誌や本などを敷いて高さの調整を行うようにして下さい。

骨盤を立てるように

机に座った時に自然にまっすぐ前が向けるような椅子の高さであれば猫背になることはありませんが、今までの癖で猫背になってしまう人もいるかと思います。

猫背にならないようにと単に胸を張る座り方をすると腰が反り返ってしまうため腰に負担が掛ります。イメージ的には尾てい骨を立てるような感じで座る様にしましょう。背もたれと腰の間にクッションを挟むのも効果的です。

重心を後ろにかけるつもりで、少しだけ背もたれに体をくっつけると長時間のデスクワークになっても、辛さが軽減されます。

足を揃えてかかとを少し上げる

あまり知られていないのが足の状態です。座った時に、足の裏が床にべったりと床にくっついてしまっているのは実は良くないのです。足を軽く揃えて、膝は前方にまっすぐむけて、つま先を少しだけ立てて、かかとは床から浮かせるような状態にします。

そうすると腰が安定しやすくなり、骨盤を立てやすくなり背筋が自然に伸びるはずです。

デスクワークの時の正しい座り方では、パソコンや椅子、机の高さに注意が向け荒れやすいのですが、骨盤を立てたり、まっすぐ前に向ける状態を維持したりつま先を少し立てるという細かい部分の姿勢の作り方にも注意するようにして下さい。

最初は、違和感があるかもしれませんが、慣れてくると姿勢の方が楽になってきますよ。



 

コメントは受け付けていません。