目が充血(結膜炎)にならないコンタクトレンズの使い方とお薦めの通販サイト

読了時間: 約26

 

コンタクトレンズの使い方間違ってませんか

コンタクトを使用して結膜炎になるかたはコンタクトレンズの使い方に問題があるかコンタクトの使い過ぎかもしれません。

コンタクトレンズの使い方を間違えると次のようなことが起こる可能性があります。

結膜炎

コンタクトで目の粘膜が損傷すると、そこから細菌が繁殖したり、アレルギーが起こることがあります。それが結膜炎です。
結膜炎は眼科で正しい処置をすればすぐに治りますが、何度も繰り返えしたり悪化すると視力にも影響が出るほど深刻なものになります。

ドライアイ

ドライアイは、目の表面を守ってくれる涙の量が減り、乾燥しやすくなる症状です。乾燥性角結膜炎という名前で、刺激によって目が傷ついてしまう可能性が高くなります。

覚えておきたいコンタクトレンズの2つの使い方

コンタクトレンズを使うときの注意すべきポイントは2点です。当たり前のようなことかもしれませんが、再度使い方を確認してみましょう。

コンタクトレンズをする時はレンズも清潔に保つ

コンタクトレンズは清潔な状態のレンズを使うべきです。ワンデータイプのコンタクトレンズは、一回きりで使い捨てするので、衛生的には問題がありません。繰り返し使うタイプのコンタクトレンズは、専用の液につけて置けば基本的は大丈夫のはずですが、ケースなどが不潔な状態tとなっていることがあるので注意が必要です。

ンタクトレンズを触る手も清潔にしておきましょう。手に付着した細菌がコンタクトレンズについてしまう可能性もあります。コンタクトレンズを装着する時は、レンズと手を清潔に保つように心がけましょう。

ソフトタイプを使うようにする

コンタクトレンズにはハードタイプと柔らかいソフトタイプがあります。ソフトタイプは、強度があまり高くなくワンデータイプが多く装着時にも、ソフトタイプであれば、目の表面にダメージを与えにくいのでトラブルを防ぐことができます。ソフトとハードには好みがあると思いますが、なるべくソフトタイプを使用するように心がけましょう。

コンタクトレンズを長時間使用は避けましょう。

ソフトタイプのコンタクトレンズは、品質が向上し年々目の負担が少なくなってきいて長時間使ってしまうかもしれんが長時間を使用しないようにしましょう。コンタクトレンズが目の表面にフィットしすぎると、酸素が入りにくなるので、ドライアイの原因にもなります。休日などはメガネを着用して目を休ませ目の表面をコンタクトで塞ぎすぎないようにしましょう。

お薦めのコンタクトレンズの通販サイト
東京の渋谷のコンタクトレンズ通販で即日発送対応しています。平日午後5時までの注文で在庫がある商品は本州や四国なら翌日到着可能です。九州・北海道でも2日後です。お買い得なセット商品をたくさん取り揃えてあり、セット商品のほとんどが送料無料で代引手数料やNP後払手数料が無料となっています。他のコンタクト通販では扱っていないハードコンタクトや遠近両用ハードの扱いもあります。



コメントは受け付けていません。