メンタル強化に意外と知られていないものが役立つ

読了時間: 約353

ストレスの多い環境を生き抜くには

今の世の中ってストレスだらけのような状態で、メンタルが疲弊して心の病になる人も多いですね。そうならないようにするためにあることを習慣づけておくと精神面を健全に保つことができたり、ストレスに強い心を作ることができます。

この方法は至って簡単なのですが、継続が求められます。ですが、そのリターンは十分あると思います。何の苦労もなく生きている人はいないでしょう。人生を歩んでいるといろいろなことに直面します。その時の精神状態によってメンタルの強弱が異なってきます。

同じ苦しい状況でもそれを乗り越える人とそうでない人がいるのは何故でしょうか?それは乗り越える人は基本的にポジティブ思考だからです。逆にネガティブ思考の人は、その状況を実際よりも深刻に考えすぎて自己の精神を追い込んでしまいます。

このようなことがパターン化されるとこの精神状態が強化されてしまい、自分で自分のメンタルを弱体化させてしまいます。

だらかと言ってネガティブ思考をポジティブに切り替えようとしても長年の思考パターンは強力に習慣化されているので簡単に切り替わりません。つまり日々積み重ねて形成されてきた思考パターンなので、一部の例外的な状況を除いて、簡単に突き崩すことができないのです。ですから、思考パターンを変えるには同じように日々の取り組みの中で少しずつ変えていくことになります。

ではその方法ですが、それは「日記を付ける」そして「十分な睡眠をとる」ことです。

日記が持つ意外な効果とは?

日記をつけることの効果は以下の3点です。

  • 自己のマイナス思考を客観視できる。
  • 自己成長の確認と精神的充足
  • ポジティブ思考への切り替えポイントが分かる

 

自分のマイナス思考を再確認できる

自分がネガティブ思考しているかどうか、どれだけの程度なのかを客観的に考えるようになり、マイナス思考にブレーキをかけることができるようになります。また自分がどのような対象や状況でネガティブ思考になるのかを見えてきます。

自分の心情を飾りなく書くため、自己分析ができるようになります。

精神の充足

日記に書く内容はその日のことを描くだけで充分です
長い文章である必要もありませんし、飾る必要もありません。ありのままの自分をさらけ出し、その日のことを描くだけで、充実感が増します。そして過去の日記を見ることで自己の成長が実感でき精神が充足されます。

ポジティブ思考に変換するポイントがわかる

日記を綴ることによって、自分がネガティブ思考になるのがどの様な時か分かるようになります。その時がネガティブ思考にブレーキをかけてポジティブ思考に切り替えるポイントとなります。日記によって自分の行動・思考を客観視することができ、自己分析ができるようになるからこそ切替ができるようになります。
また次回同じような状況になった時、どのように対処すべきかシミレーションできるので、同じ思考形態に陥るのを防いでくれます。

十分な睡眠も必要

睡眠時間が足りていないとネガティブ思考に陥りやすくなります。心身が疲弊しているため前抜きな気分になれないからです。だれでも経験あると思いますが、人の心は揺れ動いているので、同じことに対する反応もその時の環境や状況で変わってしまいます。

あるデータによるとポジティブな人ほど睡眠をとっている時間がネガティブ思考の人より多いとのことです。また睡眠が不十分になってくると自律神経が乱れさらに思考がネガティブになる可能性があります。

ですが睡眠をしっかりとるためにヘッドの寝ても、すぐに寝れないことがありますよね。原因はいろいろあると思いますが、もし寝具が原因だとしたら、思い切って寝具を変えてみるのも一つの方法です。

イタリア5つ星ホテルの全室に使われているマットレス

マットレス『オクタスプリング』は肩、腰、などに負担がかからない寝方ができます。また今使っているベッドなどの寝具の上においても使うことができます。



オクタスプリングの効果

オクタスプリングを実際に使ったユーザー皆さんの効果としては

  • 腰痛が治った
  • 今までのベッドでは熟睡できなかったが、目覚めたら朝になっていた。
  • 腰への負担が減った
  • 筋肉が早く回復するようになった
  • 効果が高いのに値段が安い

等の評価が寄せられています。

「オクタスプリング」に関する詳細は以下の公式サイトをご覧ください。



コメントは受け付けていません。