花粉症対策に有効なグリーンルイボスティーの口コミ

読了時間: 約326

花粉症の季節となりました

気温が高くなるにつれ周囲にマスクする人が冬と比べて一層増えたように思います。
ある人は目がかゆい、ある人は鼻がぐずぐず、ある人は口がガラガラ、またある人は頭がぼ~。
花粉症の症状もいろいろですね。

かく言う私も目がかゆいし、鼻も最近ムズムズ、グズグズになりました。

これ以上症状を進行させないように何か打てる方法を探していたところ、花粉症に効果がある飲み物を見つけました。

ハーブティー

なぜハーブティーが花粉症に効果があるかというと、ハーブの中には抗アレルギー、抗ヒスタミン作用のものがあるからす。

花粉症が酷くなってくると、鼻水やくしゃみが止まらなくなって仕事に集中できなくなりますし、始終憂鬱な気分になるのでイライラしがちになる人もいます。

イライラが募ると自律神経がバランスを失うのだそうだ。自律神経が乱れると免疫力が低下するのでさらに花粉症の症状が進んでしまい、ネガティブ・スパイラルに陥ってしまいます。

こういった時はリラックスすることが大事なんですけど、花粉症の症状に気が向いていてそれどころではないかもしれません。そんな時にハーブティーを飲むとそちらに気が向いてリラックスしやすくなります。

もちろん飲むハーブティーは癒し系でリラックスできるものを選びます。一例をあげると以下のものがあります。

  • カモミール
  • ペパーミント
  • ユーカリ
  • ネトル
  • アイブライト

ルイボスティー

またハーブティーというより健康茶のような位置づけにあるルイボスティーがあります。原産地は南アフリカです。このルイボスティーには抗アレルギー作用や高い抗酸化作用があることが知られているので、花粉症による鬱っとしいアレルギー症状を緩和してくれます。

活性化性酸素を除去しなければ、ますますアレルギー反応が悪化するので抗酸化作用が必要となります。抗酸化作用は、アレルギー反応がによって炎症を起こした時に大量に発生した活性酸素を排除してくれます。

驚くことにルイボスティーの抗酸化作用は非常に高く、緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍と言われています。それに豊富にビタミンやミネラルが含まれているので免疫力アップにもなりますし、妊活にも良いと言うことで最近注目を浴びています。

またルイボスティーには発酵させたものと発酵させないものがあって、発酵させないものはグリーンルイボスティーと言われています。このグリーンルイボスティーにはアスパラチンがふくまれていています。

アスパラチンはフラボノイドの一種で、ルイボスに含まれる特有の成分です。血糖値の上昇を抑制し糖尿病を予防する効果やメタボリックシンドロームを予防する効果、酸化ストレスを抑制する効果を持っています。

またノンカフェインなので妊娠中の方でも安心して飲むことができます。ネットの口コミによるとグリーンルイボスティーの中でも関西鉄工株式会社のグリーンルイボスティーは、クセがなくておいしく、飲みやすいと人気があります

もっと詳しい口を見たい方は公式サイトをご覧ください。

公式サイト⇒こちら

乳酸飲料

ここ最近コンビニやスーパーのお菓子コーナーに行くと「食べるマスク」とか「戦う乳酸菌入り」などのキャッチコピーが目に入ることがあります。乳酸菌はちょくせつてきではありませんが、間接的に花粉症対策に役立ちます。

なぜ乳酸飲料が花粉症に効くかというと、乳酸菌は腸内環境を整えてくれ、腸内環境が整ってくると免疫力をアップします。それで花粉症対策になるというわけです。

乳酸飲料には、乳酸菌やビフィズス菌がたくさん含まれているもおがあります。乳酸菌やビフィズス菌は、腸の中で増えてしまった悪玉菌を減らして、善玉菌を増やしてくれます。そして腸内環境が整うので免疫力をアップするのです。

コメントは受け付けていません。