グリーンミルク:三叉神経痛の症状と予防法

読了時間: 約340

ある日顔面に激痛が…!

私の同僚の話。

彼女、朝、顔を洗っているときに急に顔に痛みを感じたとのこと。まるで電機が走ったような痛さで、今までこんなことなかったのでびっくりしたと言っていた。

何か思い当たるようなことがないか聞いてみたけど「特にこれと言って思い当たることがない」とのこと。

ちょっと興味があったのでどんな原因が考えられるか調べてみところ、どうやら「三叉神経痛」のよう。

 

三叉神経痛ってどんなもの?

1)三叉神経痛の症状

三叉神経というのは皮膚に刺激を感じた時に脳に痛みを感じたことを伝えるための神経で、三叉神経痛というのは、顔にズキンとした電気が走るような痛みが発生します。

痛みはすぐ治まるものから数分以上続くものがあって時には間隔を置いて起こることもあるらしく、痛みが出やすいのは、洗顔、冷たいものを飲んだ時、髭剃りなど顔になんらかの刺激があった時とのこと。

2)三叉神経痛はなぜ起こるの?

三叉神経に痛みが起るのは、三叉神経のそばにある血管の収縮により、神経が刺激されてしまうからで、血管の収縮により三叉神経が刺激されると、皮膚に刺激を感じた時と同じように、痛みを感じたことを脳に伝えてしまうため、痛みが出てしまうという仕組みらしいです。

血管の収縮が頻繁に起こっているのは、高血圧や脂質異常症、糖尿病などが関係している可能性もあり、深刻な場合として脳の中に腫瘍ができた場合にも三叉神経痛を発症することがあります。

★三叉神経痛を防ぐ方法

1)軽度のエクソサイズ

日々の生活に運動を取り入れることも大事です。強度の高いものでなくても良く、20分ぐらいのウオーキングで充分です。とにかく適度に体を動かしましょう。

適度な運動を行うことによって体内に溜ったエネルギーを発散し、血中や体内の脂肪や糖質を消費させ、不要あ脂肪や糖質をため込まないようにします。血中に脂質や糖質が高くなると血液がドロドロになり、三叉神経を圧迫する原因になるからです。

2)栄養のバランスの取れた食事

三叉神経痛の主な原因が高血圧、脂質異常、糖尿病と生活習慣病にあるので、生活習慣の見直しから行います。

三叉神経痛を防ぐには、生活習慣を正していくことが主体となります。動脈硬化や高血圧などを防いで、三叉神経の圧迫をしない血管を保つことになるからです。

生命を維持するのに必要な5大栄養素を考えて栄養バランスのとれた食事を取るようにすることが大事です。5大栄養素というのはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルです。そして糖質や脂質を取り過ぎないようにします。

 

血液をサラサラにしてくれるEPA/DHA

だけど仕事で多忙で外食が多い場合、なかなか栄養のバランスを取るのは難しいですことが多いですよね。そんな時はサプリを飲むのも有効だと思います。血液をサラサラにしてくれるサプリとしてはEPA,DHAが有名ですね。実はEPA,DHAのサプリはお医者さんが一番飲んでいるサプリなんだそうで、それくらい重要と言うことです。

EPA,DHAのサプリはドラッグストアやネットの通販サイトで手軽に入手できますが、栄養のバランスがとれるという観点で調べてみると株式会社ヒューテック・ジャパンから販売されている【GREEN MILK(グリーンミルク)】がおすすめです。

 

【GREEN MILK(グリーンミルク)】の何が良いのか?

株式会社ヒューテック・ジャパンの【GREEN MILK(グリーンミルク)】はDHA、EPAと牛乳3本分のカルシウムが入った青汁です。必要な鉄分、カルシウム、食物繊維 が手軽に摂ることができ、保育園でも採用された青汁です。

有機栽培、国産の大麦若葉(九州産)が使用で無添加なので安全なことから妊娠中の方やお子さんでも安心して飲むことができます。DHA、EPA、カルシウムだけでなく食物繊維、ビタミン、ミネラル、58種類の野菜発酵酵素が配合されているので栄養のバランスが取れた飲み物となっています。

これなら多忙な方でも手軽にバランスの取れた食生活を送ることができますよね。



コメントは受け付けていません。