パンダ目防止に!メイク崩れしないアイメイクのコツ

読了時間: 約29

時間がたってもパンダ目にならないアイメイク方法をご存知ですか?

夕方になるとメイクが崩れてパンダみたい。ばっちりとアイメイクして家を出たのが台無しですね。
気合を入れたメイク程、アイメイクが濃くなって崩れやすくパンダ目になってしまいがちです。

★アイメイクが崩れてパンダ目になってしまうのは何故?

24時間持続する、24時間落ちないアイライン、マスカラを使っていてもパンダ目になるのは何故でしょうか?

その原因はいくつかあります。

・摩擦

うっかり目をこすったり、知らない間に目をこする。顔の表情が動く時にまつ毛が上瞼、下瞼にあたったりしてパンダ目になってしまうことがあります。

・涙や汗

パンダ目は、目周辺、目元からの涙、汗などによってアイライン、アイシャドウ、マスカラが崩れてしまうことで、できてしまいます。

・目の形

目の形によって摩擦が生じやすくパンダ目になる方もいます。

二重、奥二重の場合、まつ毛が瞼にこすれやすいため、マスカラ等がつきやすくパンダ目になりやすいです。

個人差がありますが、目の形によって摩擦が起こりやすく、パンダ目になってしまうケースがあります。

一重の人は、瞼が分厚いことが多く、上まつ毛が上瞼に当たってメイク崩れを起こしやすいです。

逆に涙袋がある方は目のしたに膨らみがあるため、下まつ毛が涙服をにあたるのでパンダ目になりやすいです。

こういったことでパンダ目になることを知ったうえで、崩れないアイメイク方法を行いましょう。

★目の周りのベースメイクをしっかりしておく

パンダ目を防ぐには、アイメイク崩れが起きないようにするためにしっかりと行おうとすると逆に崩れやすくなるため、目の周辺のベースメイクをしっかりと多なうようにするとパンダ目を防ぐことができます。

目の周辺の水分、油分の分泌がアイメイクが崩れる原因となっているため、目の周辺の保湿をきっちりと行って、過剰な皮脂の分泌や乾燥を防ぐ下地クリームやファンデーションを肌になじませるように塗りましょう。

この時、厚く塗り過ぎないようにするのがポイントです。ア作り過ぎてしまうと油分が過剰になってアイメイク崩れの原因となってしまいます。

★目の下をフェイスパウダーでサラサラにしておく

ベースメイクの後に目の下をさらさな状態にするためにフェイスパウダーかベビーパウダーを使いましょう。

目の下の油分や水分とマスカラやアイラインと混じらないようにフェイスパウダーを施しておくとパンダ目になりにくくなります。

ベビーパウダーは、肌が敏感な赤ちゃんのお尻のかぶれや汗もを防いでくれるので、程よく肌を乾燥させてくれます。

★アイラインは目のキワから少し離して描く

アイラインを描くときは、まつ毛の間を埋めるように描くとナチュラルな感じに仕上がります。
まつ毛の間を埋めるというのは、具体的にはかなり目の際にアイラインを入れると言うことです。

但し目の際にアイラインを入れると涙などがついてアイメイクが崩れやすくなります。
目のキワから1ミリ程度だけ離してラインを描くようにした方が、パンダ目を防止できます。

コメントは受け付けていません。